ソープランド泡まみれ見聞録 ~滋賀・雄琴編~

徒然その1

朝からソープに行くのは気持ちが良い

最近はまっているのが朝からソープに行くことなのですが、早朝ソープにはまったきっかけというのは単純に早朝割引があったので、できるだけお金を節約したいという思いからでした。 お金がない時期に出来るだけ、安くソープで遊びたいと思ったのが理由だったのですが金額以上に利点が多くてすっかりとはまってしまったのです。 まず、朝からソープに行く利点としてはその日一番の客になることができることが多いので、前の客のことを気にせずに遊ぶことができるというのは精神衛生上良いものだと感じたのです。 また、精神的なもの意外にも前の客がいないということはわずかではありますが病気をもらう可能性も減るわけですから、安全面でも悪いものではないなと感じたのです。 そして、朝というのは体力が有り余っているわけですから、エッチをするにしても一番元気な状態で味わうことができるので疲れているときよりも圧倒的に楽しむことができるんですよね。 それだけじゃなくて、遊び終わった後の充実感も非常に高いものがあって、店を出た後に太陽の光を浴びるとこれから一日が始まるんだという気分になることができますから、一日中ソープの余韻に浸ることができるのも朝からソープに行く楽しみのひとつになっています。