ソープランド泡まみれ見聞録 ~滋賀・雄琴編~

雄琴の位置をおさらいしましょう。

雄琴は滋賀県の南西部に位置する大津市の一角にあります。温泉地として有名で、京都や大阪からのアクセスが非常に良く、比叡山や琵琶湖周辺の観光の拠点として毎年多くの観光客が訪れます。また、すぐ東側に日本一の大きさを誇る琵琶湖を擁しておりますので、釣りを目的とした方も多く見受けられます。バス釣りのTV番組などでもよく取り上げられます。

男性なら「雄琴=歓楽街」というイメージを持たれる方も多いでしょう。とりわけ有名なのは「ゴールデンゲート」「シルクロード」と呼ばれる大きなゲートを入口としたソープ街ですが、実は「大津市雄琴」にソープ街はありません。ほんの少しだけ南側の「大津市苗鹿(のうか、と読みます)」にソープ街は存在します。

先述した「雄琴=歓楽街」というイメージから、観光客や修学旅行生の激減で温泉街存続の危機などといったトラブルもありましたが、それも今や昔。現在では温泉街と風俗がうまく共存し、一大観光地としてその名を馳せています。

Google Mapで地図を見る

雄琴の位置MAP

雄琴のソープランドが高い評価を受ける要因

ソープランドは、かつて日本を席巻した風俗の業種の一つでありその知名度は抜群、ソープ街などはソープランドばかりがある場所であるにも関わらず、地域によっては全国的に広く知られた場所となっています。
そんなソープ街の中でも、温泉地のすぐ傍ということもあり広く知られた場所があります。
それが、滋賀県大津市の雄琴ソープ街です。また、この地域には雄琴ソープ専門のサイトも存在します。

雄琴ソープ街には、現在約40のソープランドが営業をしていて、店舗数的には吉原や堀之内、福原、金津園といった他の有名ソープ街に比べて少なくなっています。
店舗数が少ないということは選択肢が少ないということなのですが、それだけで単純に雄琴が他の地域に劣るのかというとそうではありません。
インターネットなどでの評判を見る限り、雄琴のソープランドというのは全般的に評価が高くなっていて、「サービスのレベルが高い」とか「設備が良い」とか、実に様々な部分で好評を得ています。

そんな雄琴のソープランドの中には日本三大ソープとして名高い高級店があり、雄琴を代表する高級店として日本全国にその名を轟かせています。
雄琴で最初のソープランドというのも現存していて、そちらも有名ではあるのですが、やはり日本でもトップを争う名店の方が知名度は高く、高級店でありながら連日賑わっている店となっています。
徹底したサービスが信条となっているようで、ドレスコードが設定されていたり30歳未満は入店お断りとなっていたり、入会時には写真付き身分証明書が必要と同地域の他のソープランドに比べて遊ぶための条件が設定されていたりしますが、それがより高級感・限定感を演出しているようで、その店の人気のポイントともなっています。

この店以外にも数多くの良質な店があるわけですが、最近ではグループ系列の店が増えたことによってサービスのレベルが高い水準で安定したきたこともあり、それも好評を博す一因となっています。
それにつられるように他の店もより良いサービスを心掛けるようになり、結果的に雄琴のソープランド全体の評価を押し上げることになりました。
先述した日本三大ソープの一つと呼ばれる店もグループ系列の店であり、同じグループの店がもう一つ雄琴で営業をしていますが、当然こちらも高い評価を受けている名店として知られています。

雄琴のソープ街は全盛期に比べ、活気という面では落ち着いて店舗数も大きく変化するということはなくなりました。
街の雰囲気自体も穏やかになり、どっしりと腰を据えて遊べるといった雰囲気となっていることも、雄琴の良い部分となっています。

OGOTO体験記

雄琴がやっぱりマイベストかな

この数年すっかり関西ソープの魅力を覚えてしまった僕、それに比例して仕事と称して出張する機会が倍以上に増えてきてしまいました。しかも以前なら大半早朝出て終電には飛び乗る日帰りを好みましたが、何かと理由をつけては一泊余分に取るようになっちゃいました。最初は神戸福原に始まり、途中大阪エステを堪能、京都はまあ観光メインで済ますとして、行き着いたのは琵琶湖のほとり雄琴でした。ある日京都と滋賀の県境のビジホにステイ、フレンドリーなフロントのおやっさんと夜遊びの話で盛り上がったのですが、その時点で雄琴は未経験。若さなら福原、テクなら雄琴だろうよ!あくまでおやっさんの主張です。福原経由で雄琴に来る女の子も結構いるらしくて、そんなことを言ってました。それが本当かどうかは確認してませんが、僕が調べた範囲ではどうやら雄琴評価の方が高いのは間違いないようです。まあ福原でも充分いい娘に面倒見てもらったからそれはきっと好き好きなんでしょうけどね。

そんな話がきっかけで単身雄琴に乗り込んだのは翌日の真っ昼間、その日の夜には東京に戻る必要があったのやむを得ない状況でした。基本的には好きじゃないんですけどね、風俗の後新幹線で移動なんて。潜望鏡で暖まった体、そのまま寝たいぐらいなのに列車で湯冷めしてくのって正直ぐったりしちゃいますしね。でもおやっさんがあまりに薦めるから、今更火照った体のまま東京に戻るのも何だかって気になります。

琵琶湖の夕日

いざ京都から滋賀へ。雄琴って歴史ある温泉街、行ってみるまでは温泉とソープどうやって共存してるんだか少し興味がありました。でも最寄りの駅も違うんですね、今考えると当たり前ですが。駅までは予約したお店の送迎車で来てもらいました。車中の会話なんかで良い店かどうか少し予測できたりしますしね。そこでドタキャンはしないけど、対応に不安があれば時間を短くして予算を抑えるぐらいは可能です。運転してくれたのは真面目そうな中年男性、受答えは問題ないので多分大丈夫そうです。おススメ嬢は教えてくれなかったけど、後はパネルで判断するしかないですね。

個室ではビジホのおやっさんの言った通り艶っぽい泡姫のしっかりした技術を体験しました。彼女はソープランド歴二年半ぐらいでした。ずっと雄琴?と尋ねると少しだけ金津園にいたけどとの返事、僕金津園未体験なので比較できませんが、また未開の地を探検に行く必要がありそうです。OLからの転身組ですがまだ歳のほどは自称24歳、見た目からそんなにサバはよんでなさそう。おやっさんのニュアンスだと三十路が多そうな言い方だったですが、他にも若い娘もちゃんといました。

お店は某人気ランキングで上から4~5番手、地元じゃあ上のクラスなんでしょうね。サービスも徹底してきちんとしてましたが、数年経ってみると雄琴の上位クラスはどこもレベル高しといった印象。出張が無い時期もたまに各店のホームページを眺めます。またいい娘入ってんなあと溜め息つきながら、次の出張がいつなのか気になって仕方ありません。目的地はできれば神戸か滋賀かはっきりしたいですね。大阪だとどっちも行けそうだから決めるのが一苦労です。ただ現段階では雄琴やや優勢といった印象(もちろん主観ですが)でしょうかね。

今やソープもほとんどイメクラ?

私は根っからのOLさん好きです

かつて風俗の代表と言えばソープ、しかし今となってはいくつにも枝分かれしたカテゴリーの一つに過ぎなくなりました。スケベなことには目が無い私も例に漏れず、ソープ以外にも楽しめるお店をいくつか確保しています。素人っぽさを楽しむならデリヘル、Mっ気を刺激されたいなら性感エステなど、その日の願望に合ったジャンルで選べる時代なのですからある意味たいへんです。競争に負けじとソープランドもいろんな趣向での対応が目立ちます。

昨年京都出張でのこと、目当てのデリ嬢が休みということで急遽予定を変更し、雄琴まで足を延ばすことにしました。出張で京都に来て、さらにプライベートで滋賀へ、エロいことになると何とフットワークが軽いんでしょう。と言っても京都市内から雄琴へは電車でもすぐです。関東にお住まいの方なら「東京から横浜に行くより全然近い」と説明すればイメージがつかみやすいのではないでしょうか。

その日は何となくイメクラ的な気分、そんなテイストに合う店ってないかなあと考えてて思いついたのが雄琴のソープでした。何度か来ている雄琴ですが中にはイメージプレイをウリにしてる店もあって、以前から一度来たいと思ってたところです。実は私は根っからのOLさん好きで、残念ながら職場が制服ではありませんので、そういった願望が人一倍あります。某口コミサイトを参考にするとまずまずの評価、なら問題ないかなと。

入った嬢はお店じゃ少しぽっちゃり系か?でもルックスは人並み以上で10点中7点って感じです。料金がそこそこ高めですからコスパで言うならもう少しスリムな娘を期待しましたが、もしかしたら少し前の写真だったからかもしれませんね。その分と言っては何ですが、性格は良さげで抱き心地も良さそう、色が白くて肌は綺麗です。

こんな時、私の師匠の言葉を思い出します。若い頃ソープ、ホテヘルと連れ回してくれた会社の先輩、彼の教えでは「ソープだったらぽっちゃりぐらいが丁度いいんだよ。だいたいサービス良いのはそんな娘だ」まあ長年の経験則では必ずしもそうとも限りませんが、確率で言えば遠からずなのかなあという印象です。

最初にアンケート用紙に記入、すぐ個室に移りRちゃんチュッとご挨拶のキス、ここのマニュアルなのかどうかはわかりません。ちょっと驚いたのは制服姿でボディ洗い、ん~良いようなそうでもないような。某ブログでは否定的な意見もありましたが、何しろ制服好きですから決して反対でもありません。ちょっとやりづらそうかもしれませんけどね。そこからはごく一般的な流れへと移っていったので違和感もありません。でも来る前に期待してたイメクラ的要素はそれほど感じませんね。と言うよりソープという性質上、イメクラとリンクさせるのはちょっと難しいんでしょう。部屋もそういうイメージを意識してましたが、一つの部屋に全部あるので仕方ないですね。見れば見るほどやっぱりソープです。

良かったのはアールちゃんのテク、これは予想したより上手でした。真面目な性格なので一生懸命に練習したのか、それとも彼氏が教え込んだか、ここ最近ではフェラテクは一番でした。この際イメクラにこだわる必要は無かったな。全体的には及第点をあげていいと思いました。Rちゃん曰くここは女の子のレベル高いよとのこと、次に期待ですね。