ソープランド泡まみれ見聞録 ~滋賀・雄琴編~

滋賀・雄琴へのアクセス

雄琴へ行くなら断然電車が便利です。最寄り駅は「JR比叡山坂本駅」もしくは「JRおごと温泉駅」となります。お店によって送迎可能な駅が違いますのであらかじめ確認しておくと良いでしょう。 JR京都駅からなら乗り換えも必要ありません。この地域には新快速という非常に便利な電車が走っていますが、残念ながら目的の駅はどちらもほとんどの時間帯で各駅停車しか止まりませんのでご注意ください。

電車でのアクセス方法

車で行く場合は「滋賀県大津市苗鹿(のうか)3丁目」をカーナビに登録すると便利でしょう。ただし雄琴は観光地とはいえ駐車場がどこにでもあるというわけではありませんので、あらかじめ駐車場の場所は地図アプリなどで確認しておきましょう。

ソープ街を歩く

ソープランドは特殊な地域にしかありません。所謂ソープ街と言われる場所が全国にいくつかあり、そういった地域にソープランドは固まっています。ですからどこの風俗街、歓楽街に行っても遊べる場所ではなく、ソープ街限定で遊べる遊びなのです。

そんな特殊な場所だからこそ、街中を歩くだけでも楽しめます。ソープ街は基本的にはボーイと呼ばれる男性従業員が外に立って呼び込みをしています。そしてソープランドは隣合わせにあったり、向かい合わせにあったりと近い場所に乱立していますから、その街を歩けばボーイがうじゃうじゃ外に立ち並ぶ姿をみることができるのです。そんな街中を男一人で歩けば、声をかけられることは間違いありません。特に暇なソープランド、予約が少ないソープランドともなれば一生懸命に呼び込みをしています。

そんなボーイの呼び込みを聞きながら会話を楽しむのもソープランドの楽しみ方の一つと言えるでしょう。新人で良い子がいるよなどの情報は、そういったところから伝わって行くこともあります。最近ではインターネットのホームページで告知している店舗もありますが、やっぱり新鮮な情報はそういったボーイの生の声なのですから、ソープ遊びをするならば自分の足で歩くと良いですね。